1993年から東京新聞で連載の続くコラム「サッカーの話をしよう」をアーカイブ化!

No.1185 死語になった『衣替え』

 夜の試合の取材に何を着ていくか、毎回迷ってしまう。10月にはいってから、「11月下旬なみ」の予報が出たかと思うと、別の日には30度を超す「真夏日」となった。
 「衣替え」という言葉も、すっかり死語になってしまったようだ。以前は10月1日になると高校生たちがいっせいに「冬服」になり、季節を感じさせたが、最近はコート姿と半そで姿が入り交じって歩いていても違和感がない。
 サッカーのユニホームも、同じようなことが言える。
 ずいぶん昔の話になるが、1970年の11月にユールゴルデンというスウェーデンのクラブが来日し、日本代表と4試合を戦った。東京・国立競技場での初戦は降りしきる雨の中での一戦。ユールゴルデンが若手主体の日本代表に6−1で圧勝したのだが、何より驚いたのは、凍えるような雨のなか、ユールゴルデンの選手たちが半そで姿...

著者プロフィール

大住良之(おおすみ・よしゆき)
大住良之(おおすみ・よしゆき)
サッカージャーナリスト

1951年神奈川県横須賀市生まれ、『サッカー・マガジン』編集部勤務(1973~1982)を経て1988年からフリーランスのサッカージャーナリストとして活動。日本のサッカーの発展をテーマとし、日本代表、Jリーグの取材を中心に活動。そのほか、1974年西ドイツ大会以来8回のFIFAワールドカップをはじめ、数多くの国際大会も取材し、『東京新聞』の連載コラム「サッカーの話をしよう」を中心に、雑誌、インターネットなどを舞台に執筆活動をしている。
新刊本のご案内
サッカーの記憶
試し読み
ワールドカップ予選をめぐる64の話
試し読み
App Store
旅するワールドカップ
試し読み
App Store
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス本サイトの全ての記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。当該の条件内に於いて、記事の二次使用をすることができます。ただし、特定の記事を全文掲載する際は、事後承諾でかまわないので、掲載したメディアについてご一報ください。これは、著者がどのような場所で自身の作品が利用されているのかを把握するためです。また、商用利用につきましては、ご連絡いただいた上で、可能な限り実現出来るよう、柔軟に対処いたします。このライセンスが適用されるのは掲載記事に関してのみです。その他の画像や一連の創作物につきましては、二次使用を禁止させていただきます。